日別アーカイブ: 2017年1月1日

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます。昨年は、何かとお世話になりありがとうございました。

 

安倍内閣のもとで、憲法違反の安保法制や原発の再稼働、また、TPP協定、カジノ法案、年金カット法案の強行など、対米従属と財界・大企業の利益を最優先にして、国民の声を無視する暴走政治が国民の暮らしを痛めつけています。

 

TPP協定は、農業を壊すだけではなく、「非関税障壁」を撤廃するとして、国民の暮らしを守っている規制が緩和の対象となり、多国籍企業の利益を最優先にして、国民の暮らしや権利が侵害され、国のあり方を変えるものです。遺伝子組み換え作物や食品添加物、残留農薬などの規制緩和により食の安全が脅かされます。日本の国民皆保険制度も崩される危険があります。

 

大企業は史上最高の利益をあげて、「内部留保」が増え続け、2015年度は約378兆円と、4年連続で過去最高の記録を更新しています。一方で、労働者の実質賃金は3年のうちに、年額で17万5千円も減り、家計消費は実質13カ月連続で対前年比マイナスとなっています。

1997年と2012年の比較で、子どもの貧困率は13.4%から16.3%となり「貧困の連鎖」が深刻です。

 

市の給与所得者収入段階別調べで、「一人当たりの収入」は、2001年度540万7千円から2015年度は455万7千円と85万円も減り、年間収入が「300万円以下」の人の割合は2001年度25.7%から、2015年度は37.1%に増えています。

 

市民の皆さんの暮らしを守る、そして、平和の憲法を守るために私たちは、多くの方々と共同の輪を引き続き広げていきます。

引き続き、日本共産党へ大きなご支援をいただきますようお願い申し上げます。

カテゴリー: お知らせ