活動報告

高齢者の健康維持のために

 

次に、高齢者の社会参加と健康促進をもとめて伺います。

本市では、65歳以上の高齢者の割合が全人口の28%となり、今後も増加が見込まれています。高齢者の福祉・医療・介護は市の施策の中でも重要な課題となっています。しかし、国は医療でも介護でも高齢者施策を後退させ、負担増と給付の切り捨てをすすめ、公的介護や医療制度に対する国民の不安が広がっています。

医療保険制度の改悪で医療費を抑制するのではなく、高齢者の健康促進と社会参加を積極的におしすすめて、健康に老後をむかえ安心で充実した老後を過ごせるように高齢化社会を迎えるべきだと考えます。

市では、高齢者やその家族の方から福祉や介護、医療など高齢者の問題を直接相談できるほんわかセンター(地域包括支援センター)が、市内を3つの区域にわけて設置されています。

また、総合福祉会館にある社会福祉協議会は、社会福祉法にもとづき「地域福祉の推進・支援」を目的として、校区・地区福祉委員会、民生・児童委員、ボランティアの皆さんや関係機関と連携して高齢者支援の仕事にあたっておられます。

市内各地では地域のボランティアである「福祉委員」が活躍され、高齢者の集まりの場の企画や見守り活動など、校区や地区ごとに福祉委員会が様々な取り組みを実施されています。

地区福祉委員会が主催して高齢者を対象にして地域ごとに、交流の場を提供しているのが「いきいきサロン」のとりくみです。その規模や内容、開催のサイクルは様々ですが、市内の50か所近くで「いきいきサロン」がおこなわれています。

高齢者の社会参加や健康促進のために、地域住民と市や専門機関が連携してとりくまれ、高齢者がいきいきと参加し、世代間交流の場ともなっています。

 

清水町の府営住宅では、地区福祉委員会主催で月2回、住宅の集会所を利用して「いきいきサロン」の取り組みが行われています。

約10年前ボランティアが持ち寄ったお菓子を食べながら、10人程度でスタートしたそうですが、今ではボランティアのスタッフが24人、参加される高齢者の方が約60人に広がり、健康体操、カラオケ、趣味の手芸づくり、病院と連携した「医療相談」、地域包括支援センターや社会福祉協議会による「なんでも相談」などが行われています。

ボランティア自身も高齢者の方が多く、運営するスタッフと高齢の参加者がいっしょになって笑い声いっぱいですすめられています。

住宅の中で引きこもっていた一人ぼっちの高齢者の方や、地域のコミュニケーションから隔離されていた高齢者の方が「いきいきサロン」で、生きがいや健康増進や交流の機会を取り戻しています。

自主的な取り組みで住民が協力して誘い合い、お茶を飲んで語り合ったり、みんなで楽しい健康体操、手先を使う手芸、カラオケ、医療機関から看護師さんが来てくれる健康相談、「なんでも相談会」ではどんな問題にも対応して、社会福祉協議会が市の担当部署や専門家を紹介してくれます。「いきいきサロンは」高齢者の方が楽しみにし、頼りにしている存在となっています。

私は自宅マンションの管理組合・自治会の役員をしていますが、20年前の新築の頃には子どもの問題がよく議題になりましたが、今では高齢者も増え、マンションの共有部の段差の改修、ヘルパーさんの駐車スペースの確保、高齢者宅のボヤ、インターホンと非常呼び出しボタンの押し間違い、など高齢者対策がよく議題に上がるようになりました。民生委員の方も一人暮らしの高齢者の方の掌握や、自主防災会も高齢者の避難誘導などで対策を考えています。自治会でも、バラバラに各部屋で暮らしている高齢者の方がマンション住民同士で交流できたり、何かお手伝いできないかなど話題になるようになりました。他の地域の自治会の方からも「高齢者のためのとりくみをどんなふうにすすめたらいいのか」と相談を受けることがあります。

市の地域福祉課、高齢介護課、社会福祉協議会などが連携して高齢化社会に対応する積極的な取り組みはどの地域でももとめられており、「いきいきサロン」は各地で市民に歓迎されています。

現在の、「いきいきサロン」に対する支援の内容を教えてください。

今後もこのとりくみを各地域に広げ、現在おこなわれている活動への援助も拡大する必要があります。補助金の増額をもとめる声をお聞きしていますが対応はいかがでしょうか。

 

高齢者の健康促進・病気予防の手立ては、医療費の削減にもつながり、積極的な展開が必要だと考えます。高齢者対策への効果的な出費は、健康・生きがいを創り出し、みんなが住みやすいまちづくりにつながります。

以前にも取り上げましたが、市の公園に高齢者向けの健康遊具の設置を進めるようもとめてきましたが、その後の進捗をお聞かせください。

また、老人会などから福祉会館に設置されている磁気マッサージ機などの増設の要望を聞いていますが計画をお聞かせください。

 

カテゴリー: 活動報告

教育・保育行政の公的責任後退を許さない

 

次に、本市の幼稚園・保育所の充実を求めて伺います。

保育園は、人間を育てる場であり、最もマニュアル化の困難な分野です。次代を担う子どもたちの育成には、経験や研修・学習をつんだ専門性が高い保育士を雇用・育成することが求められています。「経費削減」の一番の対象となるのが人件費であり、営利企業ではこれを低く抑えようとする傾向にあります。低い人件費など厳しい労働環境では、雇用は安定しません。

 

本市の保育行政の歴史は、子どもをあずけて安心して働きたいと願う保護者など、関係者の努力で現在の保育水準をつくりあげてきました。1970年前後、本市で、保育所での「0歳児保育」や「長時間保育」が実施されていない時代に、保護者がお金を出し合って無認可の「共同保育所」を運営し、保育行政の充実を求める運動を展開してきました。

「共同保育所への公的補助」からはじまり、「0歳児保育・長時間保育の実施」までには相当、長期間にわたる保護者や運動団体の努力がありました。

その後、富田林保育園の建て替え、金剛東保育園の建設では「住民参加の見本」とまで評価され、「子育てするなら富田林に」と思われるくらいに保育行政が進展してきました。

 

今年、2月27日、「市立幼稚園・保育所あり方検討委員会」から市長に、「提言書」が出されました。

その検討過程において、6園の公立保育所を将来は4園に、公立幼稚園13園を将来は5園にして、新たに「こども園」を「公立1園、私立1園」設置するという、市の「事務局案」が示されていました。

「事務局案」は、富田林保育園、富田林幼稚園をなくして「富田林こども園」に、喜志西幼稚園は「民間保育機能施設」に、大伴保育園と大伴幼稚園をなくして「新設こども園」に、彼方幼稚園、錦郡幼稚園と、板持幼稚園、東条幼稚園を廃止する、伏山台幼稚園を民間保育機能施設にするというもので、私たちは、この「事務局案」は、保育における公的責任を大きく後退させるものだと批判してきました。

3月議会の質疑への答弁で、「検討段階では、事務局案を提示したが、最終の提言書には具体案の記載はない。事務局案について、現在は、白紙の状況」とのことでした。今年度予算の保育所関係で、家庭的保育事業、新たな民間保育所を誘致するための経費があると説明しています。また、東公民館横の廃止された「市営大伴プール」の解体設計業務に100万円、解体工事に1600万円が計上されています。

そこで、改めて、今後の進め方について、「6園の公立保育所を将来は4園に、公立幼稚園13園を将来は5園にして、新たに『こども園』を『公立1園、私立1園』設置する」という、将来の幼稚園や保育所の全体構想像を、議会には示さずに、「喜志西幼稚園を休園し、施設活用は、あり方検討委員会の提言を受けて検討する」というように、部分的な報告だけで進めるつもりなのか、お聞きしておきます。また、公立の認定「こども園」を、なぜ計画するのかもお聞かせください。

 

次に、「家庭的保育事業」についてです。

今年度予算で、民間保育所運営負担金に、「家庭的保育分1204万8千円」と、「民間保育所運営費補助事業」があり、予算「付属説明資料」に「家庭的保育事業改修補助、家庭的保育事業賃(ちん)借(しゃく)料補助」の項目があります。市長は、3月議会の施政方針で「家庭的保育事業に対する補助制度を創設する」と述べられました。市には、「家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例」があります。「家庭的保育事業」を開設するまでの手続き手順をお聞かせください。

 

また、3月議会では、「家庭的保育事業」について、待機児童の解消になるとか、保護者の選択の幅が広がると積極的に述べられ、すでにNPOが希望されて関係機関と協議しているとのことでした。予算も決まっていないのに、特定のNPOが補助対象事業者として決まっているようなお話でした。

そして、「多くの待機児童がある中、認可基準を満たすものについては認可していく」とのことでした。改めて、「家庭的保育事業」の進捗状況をお聞かせください。

家庭的保育事業の基準を定めた条例第6条に、「保育所等との連携」があり、家庭的保育事業を実施するためには、保育所や幼稚園の「連携施設」を確保しなければなりません。3月議会の答弁では、「連携施設は未定。5年間定めない経過措置もある」とのことでしたが、協議に入っているNPOは、将来的な見通しとして、どこの施設と連携するのでしょうか。

 

市が補助金を出す新規の事業であるならば、本来、補助制度・補助要綱をつくってから制度を周知して事業希望者を募るのが順当な手順です。しかし、3月議会でも明らかなように、「家庭的保育事業」について、補助制度をつくる前から、すでに補助対象事業者が決まっています。

金剛団地郵便局あとを借りるためにURと協議しており、市も3月議会で、「待機児童がある中では、申し出があれば審査し、基準を満たせば認可していく。今回の協議は、賃貸物件に関すること。市とは、国の補助を受ける方法、段取りなどの相談段階だ」と答弁しています。

市が補助金を出す際には、補助金要綱をつくる必要があります。3月議会での議案質疑に対し、「市独自の要綱をつくる」と答えておられます。どのように補助を決めるのか、補助基準はどうするのか、家庭的保育事業のため改修費や家賃など準備に必要な費用の全額を補助するのか、補助に関して詳しく説明してください。

 

次に、待機児の解消についてです。

少子化の中でも保育所入所を希望される方が増えており、子育て支援の面でも、保育所や幼稚園の果たす役割が大きくなっています。

年度当初から、保育所を希望しても入れない待機児が発生していますが、現状と、待機児解消に向けての対策をお聞かせください。また、保育士について正規職員が大量に欠員状況にあるともお聞きしていますので、現状と解決策をお示しください。

保育所・幼稚園の現場や保護者など多くの関係者の長年の努力で、現在、「子育てするなら富田林に」と思われるくらいの保育水準をつくりあげてきました。住民参加でつくりあげてきた保育所・幼稚園の水準を、守っていくために引き続き、「住民の参加・参画」は欠かせません。今後も保護者会など、関係団体の声を大切に行政を進めるべきだと考えますが、見解をお聞かせください。

 

カテゴリー: 活動報告

加入者に負担増、国保の広域化

 

加入者に負担増を押し付ける「国保都道府県単位化」、「統一保険料」について伺います。

国民健康保険は、歴史的にも法的にも、「社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする」社会保障制度です。

国民健康保険加入者の支払い能力をはるかに超える国保料が各地で大問題となっています。

高すぎる国保料を完納できない滞納世帯は、厚労省の資料でも2015年度、336万世帯にもなり、差し押さえの件数も約30万件にのぼっています。

こうした事態を引き起こした元凶は、1984年の国保法改悪で国保の国庫負担を引き下げたのを皮切りに、国保の財政・運営に対する国の責任を後退させてきたことにあります。

1984年度から2014年度の間に、市町村国保の総収入に占める国庫支出金の割合は50%から24%へと半減し、それと表裏一体に、一人当たりの国保料は、1980年代が3、4万円、1990年代が6、7万円、2000年代以降は8、9万円と上がり続けています。これでは滞納が増えるのは当然です。

本市の資料でも、1977年は、2万8円、1985年は、4万3736円、1995年は、6万9248円、2005年は8万8089円、2015年は、9万392円と全国の傾向と同じように上がり続けています。

国保財政を危機に追いやっている、もう一つの要因は、加入者の所得減・貧困化です。かつて国保加入者の多数派は自営業者と農林漁業者でしたが、今では国保世帯主の4割は年金生活者、3割が非正規労働者です。

厚労省の調査では、国保の加入世帯の平均所得は、1991年の276万円から2015年度は140万円へと激減しています。加入者の所得が減っているのに、保険料が上がり続ければ滞納が増えるのは当然です。

安倍政権は2015年、「国民皆保険創設以来の大改革」といって、「国保の都道府県化」を含む「医療保険改悪法」を可決しました。しかし、その内容は、「大改革」とは名ばかりの、住民負担増、徴収強化、給付費削減という従来の国保行政の強化策でしかありませんでした。

制度改悪の第一は、「国保の都道府県化」です。

2018年4月から、都道府県が国保の「保険者」となり、市町村の国保行政を統括・監督する仕組みが導入されます。2016年4月に、新制度の基本的な考えを示す、「国保運営方針ガイドライン」を厚労省が策定しました。

新制度スタート後も、保険料の決定・徴収は市町村が担い、市町村ごとの保険料格差は残ります。同時に、新制度のもとで、国保の財政は都道府県が一括管理し、都道府県が各市町村に「納付金」を割り当て、市町村が住民から集めた保険料を都道府県に「納付」する形で、国保財政はまかなわれることになります。都道府県が各市町村に「納付金」の負担額を提示する際、市町村ごとの「基準保険料率」を公表することになっています。

大阪府は、今年の2月に「新たな国保制度における『市町村基準保険料率』の仮試算結果について」を公表しました。

 

「納付金」は100%完納が原則で、市町村には、保険料の徴収強化の圧力がかけられます。また、「納付金」の割り当てに際し、都道府県は市町村ごとに「医療給付費の水準」、「標準的な収納率」、「標準保険料率」などの指標を提示します。これにより、「給付費の水準の高い自治体」、「収納率が低い自治体」、「一般会計の独自繰入で保険料を下げている自治体」などが一目瞭然となり、市町村には、給付抑制、収納率向上、繰入解消への圧力が加えられます。

都道府県を「国保財政の管理者」、「市町村国保の監督役」とすることで、住民いじめの国保行政をいっそう強化するのが、国の狙いです。

「医療保険改悪法」は、都道府県に、「国保運営方針」の策定を義務づけ、それを都道府県が別途策定する「医療費適正化計画」や「地域医療構想」と整合させることを義務づけています。「国保運営方針」による市町村への予算配分、「医療費適正化計画」による給付費抑制、「地域医療構想」による病床削減、これらの権限をすべて都道府県に集中して、強権的に給付費を削減することが、「医療保険改悪法」の核心です。

市町村の独自繰入の「解消」で国保料がさらに引き上がり、保険証の取り上げや差し押さえなど無慈悲な滞納制裁がいっそう強化されるのでは、住民の苦難は増すばかりです。

そこに、強引な給付抑制策や病床削減が結びつけば、地域の医療基盤が壊れかねません。こんな「都道府県化」は、住民にとって何のメリットもありません。

 

高齢化や医療技術の進歩により、今後も、国保の医療給付費は増え続け、保険料は上がり続けます。内閣府の試算でも、現在「年9万1千円」の国保の一人当たり保険料は、2025年には「年11万2千円」になると見込まれています。

現在、国・都道府県による国保の公費負担は、給付費の50%ですが、1984年の国保法改定以前、定率負担と調整交付金をあわせた国庫負担は「総医療費」の45%で、給付費に直せば6割以上でした。

全国知事会は、国との「国保改革」の協議の場で、「1兆円の国庫負担増」を要求しています。これが実現すれば、国保料は1人当たり3万円、4人家族で12万円の軽減となり、国保の保険料負担は協会けんぽと同水準になるというのが知事会の説明です。

 

「7割・5割・2割」の法定軽減や、失業で国保に加入した人への「所得割」の軽減など、現行の減額制度も改善・拡充し、低所得者が重すぎる国保料に苦しめられる状況を打開する必要があります。

加入者数に応じて定額が加算される国保料の「均等割」については、「子どもが多い世帯ほど負担増となるのは、子育て支援への逆行だ」という批判が高まり、国と地方の協議で、「子どもの均等割の軽減措置」を検討することが合意となりました。

加入者の頭数に応じて負担を増やす「均等割」、すべての加入世帯に定額を賦課する「平等割」など、所得に関係なく賦課される「応益割」の存在は、保険料の逆進性を高め、低所得世帯を重い負担で苦しめる重大要因となっています。

「均等割」、「平等割」の軽減をすすめ、人頭税型の「応益割」の廃止が求められています。

「医療保険改悪法」による「国保の都道府県化」は、市町村の一般会計繰入をやめさせる圧力を強化するものですが、地方自治を規定した憲法のもと、市町村独自の公費繰入を法令で「禁止」はできないというのが政府の説明です。法案審議でも、政府・厚労省は、新制度スタート後も、市町村の独自繰入は制限されず、自治体の判断で行なえると答弁せざるを得ませんでした。

市町村による一般会計繰入や都道府県による独自財源の投入など、国保料の高騰を抑え、住民の負担軽減をはかる自治体の努力が必要です。

「国保改革」の議論のなかで、全国知事会など地方団体からは、被保険者の多くが低所得なのに、保険料負担が重過ぎることこそ「国保の構造問題」であり、この矛盾は、国庫負担の大幅増額によってしか解決できないということが、たびたび指摘されました。

貧困と格差が広がるもと、「国保の構造問題」はいっそう深刻となり、滞納世帯の増加、「資格証明書」や無保険の急増、差し押さえの横行など、さまざまな社会的被害が拡大しています。都道府県を「国保の監督者」とすることで、住民負担増、滞納制裁、給付費抑制をいっそう強化するという、「国保の都道府県化」では、この矛盾は解決できません。

「国保の構造問題」を解決し、本当に持続可能な医療制度とするには、根本的な制度の改革が必要です。そこで、高すぎる国保料を引き下げ、低所得者が多く加入し、保険料に事業主負担もない国保を維持するためには、全国知事会も要望されているように、相当額の国庫負担が必要だと考えますが、見解をお聞かせください。

 

昨年の6月市議会で、国民健康保険制度が都道府県単位化されることで市民に与える影響について、お聞きしましたが、答弁では、「保険料は非常に高額であることは認識しており、保険料のさらなる値上げとならないよう、また、独自減免が存続できるように、大阪府に引き続き要望する」とのことでした。

また、「これまでと同様、今後も滞納世帯の実情を十二分に調査し、聞き取りを行うなど、きめ細やかで適切な対応を行っていく」ことや、「国庫負担の復元」は、「国保財政の安定化に不可欠なもの」として、「従来から市長会等を通じ要望し続けてきた」こと、「低所得者支援策」など、「今後も引き続き、市長会等を通じ要望してまいりたい」と述べられました。

改めて、新制度に移行するスケジュールが明らかになる中、現在の進捗状況とともに、「都道府県化」により、医療費給付の抑制、保険料の値上げ、徴収や国民健康保険証の取り上げの強化につながらないのか、また、独自減免の制度が本当に守れるのか、見解をお聞かせください。

 

カテゴリー: 活動報告

暴走する安倍政権、「共謀罪」強行、憲法改悪計画

6月9日から定例市議会が開会され、19日に日本共産党を代表して岡田議員が質問しました。その内容を順次掲載します。

 

最初に、国政の動向について触れておきます。

「共謀罪」法案が、6月15日に強行可決されました。安倍首相の国会答弁は本会議でも委員会でも、国民の懸念にも国際社会からの警告にも真面目に答えたものではありませんでした。人権にかかわる大問題について内外から続出している疑念を無視し、法案審議を推し進めてきた安倍政権の姿勢は、あまりに異常です。

人の心の中、「内心」を処罰対象にし、憲法が保障する思想・良心の自由の重大な侵害につながる「共謀罪」法案への、国民の不安や疑念は広がり続けています。世論調査では8割近くが、政府の説明は「不十分」だと答えています。

しかも、国連の人権理事会が任命した、プライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏が、「共謀罪」法案について「広範な適用範囲によって、プライバシーに関する権利と、表現の自由への過度の制限につながる可能性がある」と警告を発し、法案を成立させることは正当化できないとする書簡を安倍首相に出していました。この書簡は、法案にある「組織的犯罪集団」や「準備行為」などの定義があいまいなこと、国民のプライバシーを十分保護する仕組みがないことなどを指摘し、説明や回答を求めるものでしたが、菅(すが)官房長官らは「不適切なもの」と反発するばかりでした。

国連の国際組織犯罪防止条約の締結に必要だといって、「共謀罪」法案を推進しておきながら、国連の人権にたずさわる担当者から異論が出されると、それには一切耳を貸そうとしないで敵視する、独善的でご都合主義の安倍政権の態度は通用しません。

そもそも「共謀罪」法案がないと「条約」が締結できないという安倍政権の主張には、国際的にも疑義が寄せられています。「条約」の締結手続きに関する国連「立法ガイド」を起草したニコス・パッサス教授は「東京オリンピックのようなイベントの開催を脅かすようなテロなどの犯罪に対して、現在の法体系で対応できないものは見当たらない」と述べています。「共謀罪」法案がなくても「条約」締結は可能なことは明らかです。

 

また、現行の憲法9条1項、2項を残しつつ、新たに「3項」以降に自衛隊を明記する改憲案を提起した安倍首相の指示で、自民党の憲法改正推進本部が年内の改憲原案づくりに向けた議論を始めました。

自民党の改憲案はこれまで、「戦力」の保持を禁止した9条2項をなくすことで一貫していました。

2012年、自民党の「日本国憲法改正草案」は、9条2項を「前項(1項)の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない」と書き換え、「9条の2」を新設して「国防軍」の保持を明記し、「国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動」も可能にしています。集団的自衛権の行使をはじめ、海外での制約のない武力行使を公然と認める改憲案です。

歴代政権は、自衛隊が9条2項で保持を禁じる「戦力」には当たらないと言うため、「わが国の自衛のための必要最小限度の実力組織」と説明してきました。

そして、①武力行使の目的を持って武装した部隊を他国領域に派遣する海外派兵。②外国に対する武力攻撃を自国が攻撃されていないにもかかわらず実力で阻止する集団的自衛権の行使。③目的・任務が武力行使を伴う国連軍への参加は、「自衛のための必要最小限度を超えるから憲法上許されない」としてきました。

安倍政権が強行した安保法制「戦争法」も、この建前を全面的に崩すことはできませんでした。

自民党の改憲草案は、こうした9条2項の制約を正面突破し、全て解禁するのが狙いでした。

しかし、それでは「(国会議員の)3分の2(以上による憲法改正)の発議(はつぎ)は難しいし、ましてや国民(投票)の過半数を取ることは難しい」として持ち出したのが、今回の首相の改憲案です。

首相の改憲案には、災害救助などで活動する自衛隊を憲法上認めるだけのように装いつつ、実際は海外での無制限の武力行使を可能にする狙いが込められているのは明白です。

世界に誇る憲法9条を180度転換させる改憲を絶対に許すことはできません。

 

 

カテゴリー: 活動報告

住環境に影響する事業計画への対応について(3月市議会質問より)

施政方針で、「快適に暮らせる環境づくり」や「自然環境の保全」に触れておられますので、最後に、本市と河内長野市、千早赤阪村との境界において、地元や近隣住民から心配の声が上がっている「自動車解体業」を行う計画について、本市の対応をお聞きします。

問題になっている現場は、本市のエリアですが千早赤阪村の住宅地である小吹台の入り口にあたるところです。昨年夏ごろ、突然、草刈りや整地が行われ、すでに事業者の行為によって、基礎工事が完了しているような状況にあります。

この事業者が工事をした区域には、市が管理している里道が含まれており、市も事業者に対して原状回復を求めているとお聞きしています。里道を取り込んで事業者が工事を行うことは、法違反ではないかと考えますが、里道に関しての経過と今後の対応についてお聞かせください。

 

地元の甘南備第一町会からも、「色々な情報が飛び交い、不安」、「行政の対応」が不明だとして要望書が市長に出されています。

地元では、過去に、セイコー開発による産業廃棄物「ゴミの山」の問題がありました。最近には、土砂埋め立て問題もあり、さらに今回の事業により環境を破壊されるのではないのかとの不安があります。

セイコー開発は、1987年から産業廃棄物による第1期埋め立て処分場を、その後、第2期処分場の埋め立て事業を行ってきました。

この埋め立て完了後、隣接地で、産業廃棄物中間処理業を行い、基準以上の産廃を持ち込んだり、第2期埋め立て処分場に産廃を埋めるなど違法行為が繰り返されました。再三にわたる地元の指摘に対して、大阪府も行政指導を何度も行ってきましたが、改善されませんでした。

特に、2000年5月から6月にかけて大阪府職員が連日、現場で監視しているのに、産業廃棄物が搬入され続け、「ゴミの山」が築かれました。

この間、地元では、大型ダンプカーによる交通公害、中間処理施設からの振動、粉塵の飛散、騒音、悪臭、更に相次いだ火災などにより環境悪化が続きました。

2000年9月には、市議会議員全員で現地を視察し、大阪府に対して「公的責任で産業廃棄物の撤去を求める意見書」を提出しています。

その後、2002年に、大阪府の行政代執行により、一部の産業廃棄物が撤去されました。当時、大阪府は、東条地区10町連合会に対し、残った廃棄物は、「悪臭や粉じんの飛散防止のために表面に土をかぶせて転圧し、その上に草などの種子を吹き付けて、定期的に監視を続け、下流河川の水質検査を年3回定期的に実施し、生活環境の保全に努める」と文書で約束しています。

 

このように大阪府の監視下にある処分場跡地に現在は、太陽光発電パネルが設置され稼働しています。

この工事前に、埋め立て処分場から基準値を超えた有害物質が流れ出していることを、大阪府から地元に報告されましたが、責任の所在が不明確のまま推移してきました。

太陽光発電パネル設置で手を加えられたことによって、今後、さらに有害物質の流出につながるのではないか、雨水など水の流れにどのような影響があるのかなど、地元で心配されています。

このような状況の中、今回、計画されている自動車解体事業により、環境に大きな影響を与えるのではないかと心配の声が多く聞かれます。

また、河内長野市や千早赤阪村の地域自治会から本市議会へ、「廃車解体施設建設反対」の陳情書も出されています。

この計画について、許認可権は大阪府ともお聞きしていますが、本市内の出来事でもあります。この間の本市や関係機関の対応とともに、今後の見通しをお聞かせください。

カテゴリー: 活動報告

公共交通不便地域の解消を

つぎに、公共交通の利便性向上に向けて伺います。

昨年6月、近鉄バスが大幅なダイヤ変更で、府内4路線をいっきょに便数を減らすとともに、本市を走っていた富田林駅前~PL病院・津々山台~富田林駅前をつなぐ金剛東団地線が廃止をされました。

近鉄バスはバス路線廃止の理由について、バス運転士の不足と乗客の減少を理由にしています。

少子高齢化や免許の返上などにより公共交通の必要性の高まりに反比例するように、このようなバス路線の廃止が全国規模で広がっています。

施政方針をみますと、“快適に暮らせる環境づくり”の“交通政策の推進“の部分で、「『交通基本計画』に基づき、すべての市民が安全に安心して快適に移動できるまちづくりに、関係機関と恊働して取り組み、本年度は、交通不便地域における公共交通のあり方について、地域住民とともに考える機会を設けてまいります」とあります。 

河南町ではバス事業者と連携して循環バスを「カナちゃんバス」として走らせており、細く狭い南部の山手路線にはタクシー事業者と連携して、「やまなみタクシー」としてそれぞれ100円で試行運転されています。

また、昨年も代表質問で取り上げましたが、河内長野のくすまる号のように、交通不便地域の住民が行政と一緒に実現させた巡回バスの例もあります。

 

レインボーバスについては、もう少し小型のバスにして便数を増やしてもらえないか、公共施設以外にも停留所を増やしてほしい、停留所の屋根がない場所に屋根をつけて欲しい、など様々に意見が出されています。

今後、これらの市民の声も含めて、見えないニーズを市からの積極的なアプローチで具体化する事を期待していますがいかがですか。

施政方針には、交通政策の推進で、交通基本計画に基づき、「すべての市民が安全に安心して快適に移動できるまちづくり」に、関係機関と協働して取り組み、本年度は、「交通不便地域における公共交通のあり方について、地域住民とともに考える機会を設けてまいります。」とあります。

「地域住民とともに考える機会」として、具体的にはどのような機会をどのようなことをお考えですか。

本市でも「富田林市交通会議」をもち、今後、市民と恊働して「交通不便地域」に新しく市民の足となる交通機関を作っていこうとされていると思いますが、年3回だった会議が現在年2回だけになっているとお聞きしました。

 

地域の足を担っている公共交通機関との連携・協力体制を強化するうえで、年2回だけの「交通会議」できちんとした議論ができるのでしょうか。

どのような議論がされているのか、近鉄バスの路線廃止について議論されたのか、「交通会議」で明らかになってきた課題について、お聞かせください。

 

カテゴリー: 活動報告

文化財保護行政の充実を

次に、文化財行政の充実を求めて伺います。

私が議員になってからこれまでに何度か文化財について質問してきました。

「新堂廃寺跡」「オガンジ池瓦窯跡」「お亀石古墳」という、国に史跡として指定されている一連の文化遺産の整備の必要性について質問し、また、南河内地域において資料館も博物館もないのは富田林市だけであること、文化財の保管状況の悪さによる史料の劣化という問題が顕著であることなどを指摘しました。

 

 富田林市には重要伝統的建造物群保存地区に選定されている寺内町の他にも、先ほど述べた国指定の史跡や府指定の史跡、その他にも様々な歴史的財産があります。

 寺内町に比べるとあまり脚光を浴びていませんが、金剛大橋の下流地区では、1989年にアケボノ象という古代ゾウの足跡の化石が発見されており、その後4年間の大規模調査で古代ゾウやシカなどの足跡化石が約330個も発見されています。

 さらに、2014年にも、新たに約100万年前のものとされるアケボノゾウやカズサシカの足跡の化石約30点が発見され、昨年9月にもアケボノゾウや大小の鹿の足跡化石とメタセコイア、ハンノキの化石樹木も発見されています。

 30万年から50万年前にいたナウマン象は有名ですが、それよりさらに50万年から100万年前に棲息していたアケボノゾウという体高2mほどのこぶりな象の足跡化石は全国でも珍しく、大阪で発見されているのは本市だけとのことです。

なによりも、象と大小の鹿や樹木といった化石がセットで出土することは非常に珍しく、樹木と水飲み場の位置関係や当時の生態系などが想像できる非常に貴重な資料と言えます。太古の昔、この辺りが象や鹿の楽園だったという事は、非常にロマンにあふれています。

 

 文化の町、歴史の町富田林というキーワードをもっとあらゆる時代から掘り起こし、地域の活性化の目玉として押し出すことも可能ではないでしょうか。

 石川添い付近にはアケボノゾウ足跡化石と化石林があり、緑豊かな富田林の原風景に想いを馳せることができます。

 

 この間の議会で、文化財行政を方向付けるためにも基本となる市の「文化財保護条例」がそもそも制定されていないことを取り上げ、すでに2004年時点で日本共産党議員団の代表質問に対して「条例制定に向けて取り組む」と答弁していたことも明らかにし、改めて早急な条例制定を求めました。

 それからさらに1年半がたち、市長の施政方針でも「貴重な文化財を後世へ確実に継承して行くため、文化財保護条例の早期制定に取り組んでまいります。」とされています。

 条例案の素案についてのパブリックコメントが募集されますが、文化財保護条例を本市の実情に見合ったより豊かで充実した内容にするためには、本市で文化財についての活動・研究をされている様々な団体への聞き取り調査を行う必要があると考えますがいかがですか。

 

 施政方針では、「国史跡『新堂廃寺跡・オガンジ池瓦窯跡・お亀石古墳』の保存活用計画策定に向けて検討してまいります」とされ、そこに着目をしてくださったことを嬉しく思いますが、これらの国の重要な文化財である史跡について、史跡公園としての活用など、今後の活用をどのようにお考えですか。

 

 また、現在、富田林市立第一中学校の余裕教室を利用した埋蔵文化財センターに保管されている資料ですが、広く一般の方に文化財に親しんでもらえる環境整備と人員配置が必要と考えますが見解をお聞かせください。

 

カテゴリー: 活動報告

患者負担増となる、府の福祉医療費助成制度について

次に、「健やかに暮らすための健康づくり・医療」の分野で、大阪府の福祉医療費助成制度についてお聞きします。

大阪府は、乳幼児・ひとり親家庭・障害者・老人を対象とした福祉医療費助成制度の改定を計画しています。

福祉医療費助成制度は、1972年に全国に先駆けて大阪府が実施した老人医療費助成に始まり、スタート時期は違いますが、府民の命を守る制度として定着してきました。

2004年に一部自己負担が導入されるまでは、患者の窓口負担はありませんでした。2009年に当時の橋下知事が、1回500円の自己負担を800円に引き上げようとしましたが、府民の運動や医師会・歯科医師会などの反対により、提案が取り下げられました。

その後、2015年4月から、乳幼児医療費について通院は、「0・1・2歳」の対象を就学前まで引き上げましたが、所得制限を厳しくして、それまで「4人世帯で年収840万円未満」だったのを「514万円未満」に引き下げられました。その結果、本市では、昨年の決算委員会で明らかにしていただいたように、子どもの医療費助成に関する大阪府から本市への補助金は、入院時の食事代助成の打ち切りもあり「132万円の減額」とのことでした。

 

新年度に、大阪府は、福祉医療費助成について、薬を受け取る際に一部自己負担の導入、自己負担の月額上限の撤廃・引き上げなど、患者負担を増やす計画でした。しかし、府民の反発が大きく昨年12月に、「乳幼児とひとり親家庭の負担増は見送る」方向を表明しています。

現在の助成で障害者と高齢者の一部、乳幼児、ひとり親家庭では、窓口負担1回500円、同じ病院や、診療所なら月に3回目からは無料、お薬代はいりません。

ところが大阪府は、障害者と高齢者への助成制度を見直すとしています。

その内容は、新たに調剤薬局でも1回500円の患者負担を導入し、複数の病院や診療所利用時の月上限額は現行の2500円を3000円に引き上げというものです。これまで月1千円の負担だった方も、病院と、院外薬局合わせて6回、3千円までは自己負担をしなければいけません。しかも3千円を超えた分は、いったん支払ってから償還払いの手続きをして返金される計画です。

さらに、これまで助成を受けていた65歳以上の方のうち、精神1級以外の精神通院医療、重度以外の56疾患の難病、結核患者は対象から外されます。

高齢者、障害者の多くは、収入が少なく、家族がおられない人もいます。毎日、薬を飲み、定期的に病院に通うことで、何とか生活を送っているという人もいます。障害があるがゆえに特別な診療や専門医の診察が必要な場合もあります。

大阪府身体障害者福祉協議会など府内の障害者団体では、「医療費切り捨て反対」の運動を展開されています。

 

日本共産党では、大阪府に対して、①患者負担は、院外調剤含め1回500円以内・1医療機関あたり月3回目から無料・複数医療機関受診時は月2500円以内という自己負担を引き上げないこと。②65歳以上の、精神1級以外の精神通院医療対象者、重度以外の難病患者、結核患者を対象から除外しないこと。③現在検討されている精神障害者・難病患者等への対象拡大をすみやかに実施し、その際、精神1級について入院も対象とする。精神障害者2級への拡大を検討すること。④当面、子どもの通院助成を小学校卒業までに拡大し、所得制限を2014年度までの年収基準額に戻すこと。⑤子どもの入院食事代への助成を復活すること。⑥障害者・難病患者・医療関係者の意見を聴取する場を早急に設けることなどを求めています。

大阪府の患者負担を増やす福祉医療費助成制度の改定計画に、医療関係者や多くの団体から反対の声が上がっていますが、本市の見解と対応についてお聞かせください。

カテゴリー: 活動報告

市独自の奨学金制度創設を

次に、市独自の給付型の奨学金制度の創設を求めて伺います。 

いま日本の大学学費は、私立大学の初年度納付金は平均で131万円、国公立大学も81万円を超えています。高校と大学に通えば、子どもの就学費用に1千万円もかかるといわれており、経済的理由で進学をあきらめる若者が増えています。また、経済的理由で退学に追い込まれる学生は年間1万人近くにのぼっています。

親の収入が減るもとで、将来の借金となる奨学金に頼る学生は、2.6人に一人に当たる約130万人に増え、多くの若者が返済に苦しんでいます。返還額は文科省によると、一人あたり学部卒で300万円、大学院博士課程修了で1千万円にものぼります。労働法制の規制緩和で低賃金の非正規雇用が広がり、大学を卒業しても奨学金を返したくても返済できず、自己破産に追い込まれる若者もいます。

高い学費のために、奨学金という名の借金を背負い、学費の不足分を稼ぐために違法なブラックバイトを続けざるを得ないなど、現代の学生には高い学費、奨学金というローン、ブラックバイトの「三重苦」がのしかかっています。

 

私たち議員団に寄せられる相談でも、「大学生の子どもの学費が奨学金だけでは足らず、新たに学生ローンを借りるか中退させようか迷っている」とか「もうすぐ結婚する予定だが、収入が少なく1千万円を超える奨学金の返済をかかえ子供をつくることもできない」など、利子つきの奨学金の返済が若者を圧迫し、少子化に拍車をかけている実態は深刻です。

ヨーロッパでは、「誰もがお金の心配なく学べるように」と学費の無料化がすすみ、生活費まで支える制度ができています。

経済協力開発機構(OECD)加盟国34か国中17カ国は大学の授業料を徴収しない無償制です。高い学費にも関わらず、返還しなくてもいい給付制奨学金制度がない国は先進国では日本だけとなっています。

学生たちは必死でアルバイトをしないと学費や生活費が払えず、奨学金の返済という多額の借金を背負って、低賃金の社会に出ていくことになり、将来に希望を持てない若者にたいし救済の手が必要です。

現在、政府が新たに提案している「所得連動返還型奨学金制度」は、一律に返済を求める現制度よりは前進するものです。しかし、収入がゼロでも返還させる、利用できる対象者が限られるなど、問題点が多いものです。

高すぎる学費を値下げすることと、奨学金制度を拡充することは政治の責任です。経済的な理由で進学を断念したり、卒業後に返済に追われたりする若者を減らすための対策が必要です。

 

奨学金を利用し保育士の資格を取得した人の返済額の一部を市が肩代わりして就職を援助したり、介護施設に就職したり卒業後市内に一定期間居住し納税する人を対象に、独自の給付型の奨学金制度を創設している自治体もあります。若者定着に向けた「地方創生」のとりくみとして、奨学金を活用した雇用促進と地方定着について特別交付税措置がおこなわれますが、利用できる対象はごく一部に限定されています。

そこで、本市でも先進例に学び収入状況や就労状況を勘案した、返済免除の給付型奨学金の創設が必要だと考えますが、市の見解をお聞かせください。

 

カテゴリー: 活動報告

児童・生徒の放課後の安全について

次に、すべての児童・生徒の放課後の安全のためについて伺います。

 2011年12月議会の日本共産党代表質問で、「災害時に園児・児童・生徒の命を守るために日頃の取り組みが大切」として、本市の地域防災計画について詳しくお聞きしています。

その時のご答弁で、「富田林市立学校園、保育所並びに学童クラブ」で、「子どもたちの命を守ることを第一に、各校・園・所において危機管理マニュアル等を作成している」ことや、その中で「地震対策を含む防災についても、施設及び備品等の点検、危険物の転倒及び落下の防止、管理職を初めとする職員の対応や関係機関への連絡体制、子どもたちの指導や誘導方法など、きめ細かく、かつ具体的に定めております」と答えておられます。

「通園・通学路の安全点検と、登校・下校時に地震などが発生したときの対応」については、職員による巡回、子どもたちや保護者並びに地域の方々からの情報をもとに、危険個所を特定し、マニュアルに反映させていると答えられました。

 

また、同じく学童クラブについて、「古い施設もあり、耐震構造となっているのか、防災マニュアルはあるのか」や、防災教育実施の必要性についてもお聞きしています。それに対しては、「老朽化しているプレハブ施設もあり環境整備を行う必要がある」「避難3原則を徹底して子どもたちに指導し、子どもみずからが主体的に判断し、みずからの命をみずから守るという防災教育を本市でも取り組む必要がある」と答えられています。

 

こども未来室にお聞きしたところ、富田林市では、「不審者侵入時対応マニュアル」と「地震発生時対応マニュアル」という一枚もののマニュアルがあります。不審者侵入時対応マニュアルをみましても、「通報係」、「避難誘導・安全確保係」、「侵入者対応係」と3つの係に分かれていますが、指導員と補助員合わせて2人しかいない学童クラブもあり、各学童クラブの実情に応じたものになっているとは言い難い点があります。

 

公立の学校、幼稚園、保育所、学童クラブで危機管理マニュアル等を作成しているとのことでしたが、それぞれの施設の実情に即した危機管理マニュアル作成が進められているのか、各施設によって実情が異なりますが、本市でどの程度把握されているのかお聞かせください。

 また、危機管理マニュアルには「管理職をはじめとする職員の対応や関係機関への連携体制、子どもたちの指導や誘導方法」などについても「具体的に定めて」いるとのお答えでしたが、すべてのところでマニュアルにもとづいて防災訓練などを実施されていますか。

 さらに、ある学童クラブでは、地震発生時と不審者侵入時を想定した避難訓練をされて、その際に明らかになった施設上の不備、例えば出入り口が1箇所しかない、非常口として使おうと思った網戸が開かなかった、などの声があります。そういった声をもとに、各施設任せにせず、本市が責任をもって、連携体制の強化、施設面の改善をすすめる必要があると考えますが、この間の進捗、改善点などをお聞かせ下さい。

 

 彼方と東条学童クラブはハザードマップの危険地域に位置しており、非常出口の確保や小学校の空き教室のうち、もっと安全な場所への移動など早急な対策が必要と考えます。

 これだけ防災対策が問題視されている中で、市が作成しているハザードマップの崖崩れ等の危険地域にすっぽり入っている学童クラブに対し、抜本的な対策をせず事故が起きてからでは遅いと懸念いたしますが、市の見解をお聞かせください。

次に、学童クラブでの緊急時対応について、特に不安の声があがっているのが、保護者への連絡に非常に時間をとられ対応の遅れが懸念されるという問題です。

「具体的に定めている」と答えられていた学童クラブのマニュアルには、「保護者へ連絡」とあるだけです。学童クラブにはパソコンもネット環境もないため、小学校の防災一斉メール送信のように速やかに連絡ができず、1回線しかない電話で指導員・補助員が1人1人の保護者の方に電話をして知らせている状況です。

 小学校の防災一斉メールを利用することができるように個別で学童クラブと小学校で連携されているところもあるとお聞きしました。

今後、すべての学童で災害情報や不審者情報が入った際に速やかに保護者に連絡を行えるよう、小学校の防災一斉メールの利用など、市の責任として、色々な手段について連携対応を進める必要があると考えますが、いかがですか。

カテゴリー: 活動報告