6月定例市議会が開会

6月4日の議会運営委員会で、市当局から定例議会の議案が示され、11日に市議会本会議が開催されました。条例改正や補正予算、外郭団体の経営状況報告など上程されました。

6月19日(火)に会派代表質問が行われます。日本共産党からは、岡田ひでき議員が代表して質問します。質問を予定しているのは、下記の項目です。傍聴をお願いします。

 

 

1、保育士の正規欠員補充と改善を求めて

(1)保育士配置の現状は

①5年間の、保育士の正規雇用職員と非正規雇用職員の割合も含めて配置状況は

②時間外保育士の現状は

③5年間の正規職員採用募集状況は
(2)今後の、正規雇用保育士の雇用確保計画について

2、公立幼稚園での3年保育実施の具体化について聞く

3、子どもの貧困対策や子育て支援の拡充を求めて

(1)「子どもの生活に関する実態調査」による政策的課題の具体化について

①経済的に困窮している世帯を確実に各制度につなぐ仕組みづくりや各制度の利用率を改善するための取り組み

②子どもの医療費助成制度の拡充や国民健康保険料および利用者負担の減免などの拡充

③子育て世帯への家賃負担の軽減など、住宅費の負担を軽減する施策

④子育て世帯の就労について地域の企業等との連携

(2)子どもの貧困対策を推進していくために、「子どもの育成支援対策会議」とともに、中心的な役割を果たす部署が必要

(3)義務教育における保護者負担の軽減をもとめて

①学習費、視聴覚費、児童会・生徒会費、クラブ活動費、校外活動費、修学旅行費、PTA会費など小学校と中学校で徴収される費用にはどのようなものがあり、年額で幾ら徴収されているのか

②学校教育費における保護者負担を軽減するために、これらの費用について教育委員会で負担するようにもとめる

(4)子どもの貧困対策、子育て支援で上下水道料金の減免制度の拡充を

4、学校給食の充実と無料化をもとめて

(1)子育て支援のためにも「義務教育は無償」の原則に立ち返り、学校給食無償化に向け、国への給食費補助の要請をおこない、本市でも独自制度の確立を

(2)中学校での学校給食は「選択制」から全員給食へと発展させるべき

(3)すべての子どもの健やかな成長を保障するためにも、中学の学校給食を就学援助の対象に

(4)魅力ある学校給食の提供に向けて、市の取り組みと見解を聞く

①栄養教諭の配置を増やすよう大阪府へ要望し、学校単位での栄養教諭の役割を高める

②地元農産物の積極的な活用を

③保護者や子供たちの意見を反映できるシステムづくりの拡充を

5、がけ地防災工事補助事業の充実をもとめて

(1)昨年10月の大雨災害で、市民が受けた被害や防災工事に対して、国・府・市の補助制度が適用された実績は

(2)生活道路や通学路、里道や河川など「がけ地防災工事補助事業」の適用範囲を広げるべき

(3)災害復旧を促進し、二次被害を予防するために本市でも、「宅地防災工事助成金制度」や「がけ地工事資金融資制度」の創設を

6、本市の消防団体制の強化について

(1)消防団車庫への配置品に、ブルーシートや土のう、食料などの防災備蓄品を加える

(2)消防団車庫の建て替え計画は

(3)「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」の実施状況は

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク