28日に衆議院解散の報道

安倍首相は、25日に記者会見を行い、28日に衆議院を解散し総選挙を行うことを表明しました。

安倍内閣は、特定機密保護法や戦争法、共謀罪などを強行して日本を海外で戦争するための国にづくりを進めてきました。さらに、安倍首相は、憲法9条を変えることを表明しています。世論調査で、「憲法9条が日本の平和と安全に役立っている」と答えている方が8割を超えています。二度と戦争をしないと決意して定められた平和の憲法を守る必要があります。

暮らしの問題で政府は、いま、景気が良くなったと宣伝しています。大企業は史上空前のもうけをあげ、内部留保も膨らんでいます。しかし、市民の皆さんの収入は減っています。

通常国会閉会後、森友学園への国有地8億円値引き問題や、加計学園ありきの獣医学部・特区問題で、次々と新たな疑惑が指摘されています。政治の私物化ともいわれているような状況に、「説明責任を果たしていない」と思う人が多数です。うやむやにすることなく、疑惑を解明する必要があります。

「暮らしを守れ」「平和の憲法を守れ」の願いを日本共産党に託してください。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク