空き家対策の充実を

次に、空き家対策の充実をもとめて伺います。

昨年の台風被害では、空き家の瓦が吹き飛び、近所の建物を壊したりしました。倒壊はしなかったが、外壁が吹き飛びそのまま放置されている、雨漏りなどの放置で痛みが一気にすすみ、防災上の問題も顕著化し、近隣から不安と対策をもとめる声が強まっています。

空き家所有者からの相談でも、「売却価格より借り入れの残債が多く処分したくてもできない」、「進入路が他人の名義になっており、再建築できず買い手がいない」、「家が傷み過ぎてリフォームにお金がかかり貸すこともできず、業者に買取りを依頼しても値段がつかない」など処分できないさまざまな深刻な理由があります。

交通不便地や急傾斜地だけではなく、居住や再利用が困難な空き家は、ますます処分が難しくなり、台風被害以降、空き家問題は深刻化しています。

持ち主が処分できず困っている空き家の対策として、具体的な打開策は検討されているのでしょうか。

管理が行き届いていない空き家は、地震や火災などに対する防災機能が低下してしまいます。朽ち果てた空き家は燃えやすいので、格好の標的となって放火される可能性が高くなります。

ごみの不法投棄や野良猫・シロアリの発生など衛生面も含め住環境が悪化し、空き家の放置が新たな空き家を誘発するという悪循環が広がります。

2015年5月に「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行され、「特定空き家等」と指定されれば「住居などの敷地に係る土地の固定資産税の課税標準額を最大6分の1とする」との特例が適用除外となりました。これにより、空き家に対する立ち入り調査や所有者に対する行政指導、そして最終的に代執行によって空き家を撤去できる権限が各自治体に与えられました。

市では「富田林市空き家対策庁内連絡協議会」がつくられ条例の制定や特定空き家等の認定基準が定められました。また、「富田林市老朽危険空き家除却補助金交付制度」創設により、補助対象となる空き家の除却費用に上限100万円の補助がされるようになりました。

現在の取り組みの状況と、これらの対策による効果、また、昨年度実施されていると思いますが、空き家所有者へのアンケート調査結果や今後の課題について、見解をお聞かせください。

 

(答弁ののち)

ご答弁ありがとうございます。

 空き家の除却補助を始められてから、現在1軒のみの実績で、空き家バンク登録は0軒、不動産事業者登録も14件とのことです。

 所有者が特定できている空き家が約860軒あるとご答弁にもありましたが、それなのになぜ空き家バンクへの登録が0軒なのかと不思議です。

 登録に際して、市から空き家所有者の方への積極的なアプローチや手助けが足りないのではないでしょうか。

空き家除却補助制度についても、空き家所有者のアンケートから見えてくる課題から、さらに利用しやすい制度になるように工夫し、空き家に関連する地域の問題解決に努めてくださいますよう求めておきます。

 

カテゴリー: 活動報告   パーマリンク