定例市議会で奥田議員最後の質問

2月20日から定例市議会が開催されています。新年度予算案や空き家対策の条例制定などが大きな議案です。

今年は、統一地方選挙の年で多田市長は勇退を表明されています。選挙前の予算は、骨格予算となります。

28日には本会議場での会派代表質問が行われます。日本共産党議員団からは、奥田議員が質問します。引退する奥田議員の最後の質問です。

質問項目は、下記のような内容です。

 

1.市民の置かれている状況について

給与所得者の収入段階別調、生活保護世帯数、就学援助率、年間出生数、保育所の保育料算定基準階層別区分での分布状況、国民健康保険料の一人当たり年額、介護保険料の一人当たり基準保険料、ひとり親世帯数、保育所待機児童数、特養待機者数、一人当たり市民税・所得税額などについて、最新の指標と、5年前、10年前との比較をお示しいただくとともに、所感を

2.4期16年間を振り返っての所感

3.今後の市政に期待されるのは、どのようなことなのか、所感を

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク