日本共産党 富田林市議団 暮らしの願い優先の市政を
市議会報告書 活動報告 リンク集   ▼ サイトマップ   ▼ お問い合わせ   ▼ 戻る

活動報告


2016/09/13
金剛地区に「市民プール」の復活を求める
子どもたちに楽しい夏休みを
9月市議会での日本共産党市会議員団代表質問より

最後に、金剛プールの復活・実現を求めて伺います。
昨年、復活して新たに富田林市民プールとしてオープンした川西のプールですが、今年も大盛況でした。
いつもプールの前を通るたび、子どもたちの笑い声が聞こえてきて、近くのマンションから水着に浮き輪姿でプールに向かう親子連れなど、微笑ましい光景が見られました。
夏休みには近所で遊ぶ場所として、プールがあったら嬉しいという子どもたちの声や、お盆休みで帰ってきた子どもと孫を連れてプールに連れて行ってあげたいが、川西までは遠すぎて気軽に行けないとか、以前のように歩いていけるところにプールがあったら、という声など、たくさんお聞きしています。

総務省が発表している統計によると、大阪府は全国の中でも社会体育施設数が全国でワースト1という結果になっており、プールも含めたスポーツ施設がいかに不足しているかがわかります。
私たちは、市営プールが廃止されて以来ずっと「金剛にも市民プールの復活・実現を」と要望しつづけています。
これは住民の切実な願いであり、子どもたちの願いです。
そして、市役所入口の大きな標柱に、「太陽のように子どもが煌くまち とんだばやし」とあるように、子どもたちのはじける笑顔は、市長の願いでもあると思っています。
ぜひ形にしていただきたいと思いますが、いかがですか。お考えをお聞かせください。





<もどる
トップページ市議会報告書|活動報告|リンク集サイトマップお問い合わせ
日本共産党富田林市会議員団
富田林市常盤町1−1
電話 25-1000(内線:240) FAX 20-6627(控室)
E-mail:jcp-tondabayashi@soleil.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2008 JCP Tondabayashi - All rights reserved.